クラブ活動

生物部

生物部
生物観察には最適の恵まれた環境
 学校敷地内には大変豊かな自然があり、そこを主なフィールドとして様々な活動を行っています。EMKブリッジの下の池ではザリガニや水生昆虫の採集ができ、池の水を顕微鏡でのぞけば、アメーバなどたくさんの種類の生き物を観察できます。雑木林ではカブトムシやクワガタをはじめ多くの昆虫を採集でき、キノコや高尾山で見られる植物も観察できます。また、畑作り、野菜作りも行っています。
 このような活動をもとに、文化祭では動植物をテーマにした研究を発表しています。下級生も先輩の指導のもとでいろいろな研究をしています。
 夏には海や山で合宿を実施、校外の論文コンクールにも応募し、高い評価を得ています。
  • ・部員数 部員数 36 中学18(男15 女3) 高校18(男16 女2)
  • ・活動日 週3日(火・木・土)

生物部合宿および文化祭2015/09/17

今年度の生物部合宿は群馬県の片品村で行いました。日中は宿の周囲を中心に,森や空き地や川沿いの植物や昆虫の採集,夜間はスケッチと標本作り,種の同定を行いました。また,今年は夜間に昆虫類の灯火採集も行いました。

文化祭では学校の周囲で採集した生物と片品村の生物の標本を環境ごとに展示し,部員達が説明を行いました。その結果,人気投票で第3位,企画賞を受賞できました。ご来場頂きました皆様に深く感謝いたします。ありがとうございました。

1~1件を表示 / 全1件